ROCK AND READ 077を読んで、きになったのが

 

武道館を発表するってなった時に、もう限界が来てた

 

私がゴールデンボンバーを好きになったは紅白初出場した2012年の次の年、「ザ・パスト・マスターズ 」発売以降でその前2012年以前のことはメンバーの過去のブログや雑誌のバックナンバーを集めて過去の記事を読むことしかできなくて

私がキリショーブログを初めて読んだ時は売れないバンドマンしかも、エアーバンドでパフォーマンスも手作り感満載の色物バンドが紅白出場歌手になる

弱小野球部が甲子園出場するような、漫画のような出来事が実際に起きていて

私が読み始めた時にはすでに売れてて、結果が分かっていて読んでてもとてもワクワクした。

売れない時がとても長くて、売れ始めて忙しくなるとブログの更新頻度が減って、ライブや握手会、テレビ出演などイベントのある時が主になって現在に近づくにつれて少し寂しくなったのを覚えてる

ツアーファイナルに告知があって、どんどん大きくなって行くライブ会場リアルタイムで知った人達がうらやましかった

ただその裏でキリショーがどの様な気持ちでいたのかは分からなかったし

その気持ちも知りたくなるほど好きになるなんて思ってなかった

今ROCK AND READ  077のキリショーの記事を読んだ後に武道館の発表がされるあたりから改めてキリショーブログを読み返してみると初めて読んだ時とは違って見えた

Zeppツアーのあとに年明け池袋サイバーからの武道館に大阪城ホール

私はホールしか行ったことなかったけど、ファンクラブツアーで初めてのZepp、初めてのスタンディングを体験してからこれを読むと、当時のゴールデンボンバーの勢いの凄さをあらためて感じるし

「101回目の呪い」で初握手会を体験してから読むとCDリリースの度に行われてた握手会もどんどん会場が大きくなっていってるからその大変さも想像出来た

「女々しくて、眠たくて」のとき複数売りをしているけど、すでに発売している「女々しくて」について次リリースする時は全部新曲にするよとか複数売りの中でも一番安いのを勧めてたりキリショー本人の望むものでは無かったんだなって感じるし、「ローラの傷だらけ」で一種売りの何も特典をつけない事をしたのもこういった経緯からだったんたって過去のブログから現在を通してキリショー自身はブレてない

それだけで終わらずその後、CD購入の特典としての握手会はなくなったけどファンクラブツアーで握手実現してくれたし真っ白なCDでは他のメンバーの要素がないっていうファンのために「死んだ妻に似ている」でまさかのCDがオマケの4人それぞれのフレグランスを発売したり

 

突飛だと思われる行動も経緯が分かれば凄く納得がいくし

このタイミングでブログを読み返して良かったなと思った。

 

武道館があった年のホワイトデーのキリショーブログ

動画の他に、最後にゴールデンボンバーのメンバーに向けて動画は仕事以外のプライベートな時間を削って作成した旨が書いてあって、メンバーに期待しなくなった頃かななんて思うとなんとも言えない気持ちになった

 

 

花のち晴れ

 

めっちゃいいところで宇多田ヒカル

これぞって感じ

 

エイプリルフールについた嘘だった「ICE BOX」も一回だけだけど使ってもらえたから

メジャーとインディーズの違いは大きくてありえない事だってわかってても、いつかはドラマの主題歌にって思っちゃう

 

フジファブリックを調べた時に、ドラマ「モテキ」の主題歌にどうしてなったのか

ドラマと「夜明けのBEAT」がぴったりで、ドラマの為に書き下ろした訳では無さそうだったので気になって調べた

 

監督がレコード会社から何曲か候補曲をわたされて一曲目にこれを聴いて、他の曲を聴く必要がないほどぴったりで「夜明けのBEAT」に決まったらしい

 

ってことは、レコード会社に所属してないとドラマの主題歌に使われるスタートラインにすら立てないのか…

 

ちびまる子ちゃんの「おどるポンポコリン」みたいに作者の方からオファーがあれば

っていうか、この事自体も凄く有難い事だったのです

 

キャンさん主演の映画「死が二人ヲワカツマデ」の主題歌はゴールデンボンバーの「泣かないで」でだったけど、内容さっぱりでただキャンさんを愛でるためって感じだったんだ

これがジョイサウンドで本人映像で「泣かないで」歌うと映画のシーンがうまい具合に流れて泣けるんだよね( ;∀;)

 

なんか話が逸れて来たので終わります

 

 

 

キリショーが表紙のROCK AND READ077と一緒に届いた「東京、音楽、ロックンロール」

 

想像していたよりも分厚い

もったいなくてまえがきと目次とはじめの数ページ読んでやめた

まえがきは私の期待してた物がここにあると期待できる文章で

なんとなくキリショーブログに似た物を感じた

この本をより楽しむ為に少しずつ発売順にアルバムを手に入れよう

音楽をあまり聴いてこなかった私には初めて聴く曲は新曲と同じで

志村さんの日記の中でアルバムが出る度にわくわくしたい

 

 

三連休の初日は久し振りに会う友達とランチへいった

彼女は今妊娠中で、妊娠がわかったら直ぐに教えてくれた。会おうって約束してたのだけどつわりの為に伸びてたのがやっと会えました。

彼女のリクエストでカレー(インドのナンで食べるやつ)を食べに

 

11時頃彼女家に車でお迎えに行ったら、すでに彼女は玄関先で待っててくれた

家の中から旦那さんか彼女に凄く呼びかけてたのを適当にあしらって早々に車に乗り込んだ

「旦那さん大丈夫だった?」

「私が無理やりカレーに誘って嫌がってないのか心配してたの…旦那はCoCo壱タイプのカレーが好きでインドのカレーは好きじゃないから」

 

彼女の旦那さんはインドのカレー屋さんに入るのはオシャレなカフェでご飯食べるのと同じ感覚で、それなら回転寿司行った方が絶対楽しいということを言うらしい

 

到着したカレー屋さんはまだ他のお客さんはいなくて自由に席が選べたので窓際の席にした

注文すると直ぐにセットのサラダとスープが出てきて、スープは美味しいしサラダのドレッシングも美味しい

しばらくてカレーとナンが届いて食べ始めると呼んでないのに店員が私たちの席の近くにくるので落ち着かない

どうやら窓から外に見える駐車場を見てお客さんが来ないか確かめてるようだった

 

カレーを食べ終えてアフタードリンクを飲んでいるとまた店員が来て今回は声をかけて来た

食べ残してあるナンを指差して

「ベチュベチュですか?」

「ベチュベチュ」と彼女が答えた

 

思わず目を合わせて笑った

残っているナンをお持ち帰り用に包んでくれるらしい別々に

 

カレーも美味しかったし、サービスもよくて私たちが帰る頃には席に沢山のお客さんが

 

会計を済ますと、また次に使えるクーポンをくれました

 

彼女の旦那さんも偏見を持たずにインドのカレー食べにくればいいのに彼女と来ればどこだって絶対に楽しい

 

腹ごなしにウィンドーショッピングへぶらぶら

 

そこで無印良品をのぞいたら無印良品週間でレトルトのカレーが安くなってた

 

最近買ったばっかりなのにって彼女が悔しがってた

レトルトのカレーならそれぞれ好きなカレーを選べばいいからって

インドカレー問題は彼女達なりの解決していたようでよかった

 

 

 

 

 

あなたの事を知りたくてゲンコツメンチな夜

発売日の次の日に仕事から帰ってきたらROCK AND READ届いてました。

 

まずタワレコで買ったらもらえるポストカード

背表紙の衣装とメイクの別カットでいいんだけど

私は赤髪ロン毛のキリショーより表紙のいつものキリショーの方が好きだな

 

本誌の中の赤毛メイク濃いめのキリショーはいつも違った感じで

小柄で可愛いのがいいのに、この衣装とメイクではあまり盛れてない気がするのは私の好みのせいかな?

色白なんだけど、いつも以上に白くてそれなのに袖からのぞく手がしっかりとした男の人の手だった

そのあと表紙と同じいつものメイクに黒のジャケットを着たキリショーは口元は閉じてすきっ歯が見えないせいか近年稀にみる盛れ具合でこっちの顔面アップのポストカードがほしい

 

私はインタビューを一通り読んで感想を書きたいなって思ってたけど時間がかかりそう

今回は前回表紙を飾った時の様に音楽宗教戦争やバントの活動についてというより、キリショーの音楽やバンド活動への向き合い方や心の変化が語られてて

武道館を発表する時に来ていた限界がどう過程で起きたのか、今は過去のキリショーブログと過去のROCK AND READのインタビューを読み返してる

 

なんだか凄くゲンコツメンチ食べたくて金曜日の仕事帰りにローソンへ行きました

毎週金曜日夕方四時からタイムセールで揚げ物が20%引き知らなかったから得した気分

 

運ばれてくるお肉を食べるより、自分で取りに行くタイプのお店で生卵見つけてわくわくする、ローソンのゲンコツメンチが美味しいっていうから遠いはずなのに身近に感じてしまう

だからもっと知りたくなるのです

 

 

 

おあずけ

今日はクレジットカード使ってないのにカード利用のお知らせメールが届いた

 

今日はキリショーが表紙のROCK AND READの発売日だ!

予約品を購入すると、発売日にカード決済されるらしい

まだ届いてませんけど…_:(´ཀ`」 ∠):_

コンビニ受け取りにしたらよかったの?

 

今回キリショーと一緒に志村正彦さんの本も一緒に買った「東京、音楽、ロックンロール 完全版」

予約品と一緒に届くので、届くまでの間にその本にどう向き合って読むのが良いのか考えていた

 

私はもともと音楽は聴く方ではなくて、ボンバーさんとの出会いもきっかけは曲だけどそれ以外の魅力もあってファンクラブに入るほど好きになった

私が好きになった時には紅白出場した後で、すでにお茶の間にゴールデンボンバーという名前と女々しくては知られてたけどメンバーがどんな人達で他にどんな曲があるなんてしらなくて…

すでに何枚かベストアルバムが出ていて

年代ごとに追いながら、メンバーのブログを過去から追っていくという作業をしていた

アメブロ以前のブログを見ると、本当に売れないバンドマン(身近にはいないのでイメージ)って感じ

ファンの差し入れに喜んで、お寿司を貰った時には透明な蓋に誰がどのネタのお寿司食べるか名前が書いてあったり笑

キャンさんなんかはよく卵使った料理を載せてたなぁって

どんどん売れていってライブ会場も大きくなって、メイクも自前からメイクさんにしてもらうようになって、地方にライブ行ったら名物食べられるようになったり、テレビにも出演して、ついには紅白出場…

どんどん上り詰めていく高揚感

キリショーブログにはバンドで食えない時から、売れ始めて忙しくてバイト入らなくてお金無くて…、印税が入るようになってラーメン食べて、銀テープ飛ばして

お客さん増えた増えたで、ライブハウスでのマナーの問題、ホールになって解決しても差し入れやプレゼントは扱いに困るほどたくさんになってラブレターのみになって

バンドの規模が大きくなるにつれて新しい問題が起きるとその都度キリショーの言葉で説明してくれた

ブログの中のあの河川敷に行っのはあの曲になったのかぁ、あのメイドさんのいるお店に行ったのがこの曲になったのかとか

後追いだけど、まるでブログを読むとその瞬間を一緒に駆け抜けてきたような感覚

 

私は文字読むの好きじゃないから、小説なんかよまないんだけど、小説好きな人は文章読んでこの様な高揚感を得てるのかな?

 

フジファブリック の曲を聴いて、気になった志村正彦という人間はもういなくて

でも今もバンドは続いてて、志村正彦という人間とフジファブリック というバンドの物語を読みたいんだと思う

やっぱり私は生粋の音楽好きじゃないから、ギターやベースの音聴いても違いはわからないし

音楽を聴いても歌詞に興味があって

歌詞を読む事でその人の事を知りたいんだ

 

キリショーが最近ブログで創作活動で精神を維持できるという記事をのせてて

自分自身がそういう種類の人間であると

以前から恋人が出来て幸せな状態になると曲が書けなくなると

ってことは、それをそのまま受け取ると幸せになると作曲できなくて、作曲=創作活動できなくなると生きていけないならずっと幸せになれないんじゃないかって

ライブが薬って

薬か毒かわからない

 

志村さんはどうだったんだろう

 

今回のキリショーのROCK AND READのインタビュー記事

今のキリショーの事早く知りたい

 

タワレコから本日発送しましたメールきました。

あしたまでおあずけです

 

 

特典付きで予約完了\(^o^)/

鬼龍院さんが表紙を飾る「 ROCK AND READ 077」予約しました!

 

以前、岡崎体育が表紙のROCK AND READに岡崎体育とキリショーとの対談があって発売日に地元の本屋さんに行ったけど店舗には置いてなくて取り寄せなら出来ますと…

ただ、店舗に本が配送される曜日が決まってて来週になるって…

地元のよりも少し栄えてる隣の市まで行けばあるだろうと週末行ってみたけど、そこには前の号が置いてあって最新号は水曜日にならないと来ないよって_:(´ཀ`」 ∠):_

離島でなくても田舎には音楽雑誌は置いてないor遅れて届くのだと学んだ

 

今回はキリショーが表紙だし、直ぐに見たい!

ネットで予約の一択

そこにタワレコで購入すると先着で鬼龍院翔さんのポストカード(本誌未使用写真)が特典として付いてくるとの情報

もちろん近くにタワレコは無いのでタワレコオンラインで予約を試みる

 

まずポチっとしてみたけど、購入する為には会員登録が必要で

今新規登録すると2500円以上の購入で使える500円offクーポン貰えました

 

キリショーだけでは2500円に足りないので、この機会に欲しい物をと

「東京、音楽、ロックンロール 完全版」をポチリ

ほんとうは「志村正彦 全詩集」が欲しかったけど売り切れで、今は中古品でしか手に入らない

オークションで見ても定価の2倍以上

直ぐに手を出す気になれなかった時に志村正彦で検索してでてきたのが「東京、音楽、ロックンロール 完全版」だった

これなら新品でタワレコオンラインで購入可能

すぐさまカートに入れた

何気にキリショーの本より高いけど、500円offクーポン使えるし何となく今がタイミングな気がした

 

寝る前にはスマホ覗いてるような日々が続いてるのですが、昨日動画見てたら以前キリショーが出演した「オトナに!」にフジファブリック

前編が4月4日に公開してて今日後編が公開になる

 

キリショーの時は忘れらんねえよの柴田さんとゲスト出演した回を観たけどかなり濃い内容のトーク番組で満足したのを覚えてる

 

前編を観たけど今回はバンド全員シリーズで現メンバーの3名がゲストとして出演していた

フジファブリックは2015年にユースケさんとフェスで共演していてその時からこの番組に出たいと言ってたけどタイミングが合わず

唯一の休日を利用して今回やっと出演できたらしい

前編は自己紹介からメンバー3人の楽器起源と、フジファブリックとの出会いがメインでフジファブリック初心者の私の為の様な番組でした

私は勝手なイメージで以前のフジファブリック志村正彦ワンマンバンドだったんだろうと思ってた

今回スタジオのセットにフジファブリックの歴代のアルバムが年代順に並べられていたんだけど

クロニクルのアルバムジャケットの志村さん1人の写真もメンバーの総意でこれがいいんじゃないかって決まったと

メンバーの話を聞いてるとフロントマンであった志村さんをたてて一歩引いて見守るっていたという感じだった

 

後編がとても楽しみ!

 

桜の季節過ぎたら

あの人はボンバーさんの良さを気づけてないので、私の車に乗る時はカーステレオをラジオに変えるのです

 

月曜日に車に乗るとラジオが流れる事がたまにある

先月の終わり頃、朝車にのるとラジオが流れて、以前よく聴いていたラジオが終わる事を知った

このCMが流れると何時とか、このコーナーが始まる時間にここを通れば間に合うとか時計代わりにしていて日常の一部だった

それは私が新社会人になって通勤中の車内で聴き始めて結婚、出産してからしばらくはなれてたけど…でも、また働き出したらまた朝のお供に

ボンバーさんを聴くようになってからは離れてしまったけどなんとなくずっと続いてくと思ってた

何事も有限なんだなと(^-^)シミジミ

 

今年は桜が咲くのが早くて種類によってはもう散ってしまって葉桜

毎年春は来るけど、健康で動けるのが70歳頃までだとしてお花見出来るのもあと35回ぐらいかぁと思いつつ

特に花見というほどのものもなく過ぎてしまった

20代の頃には気づかなかったけど、今の私からしたらあの頃ならなんでもできて今よりいろいろな可能性があったのにと

でもきっと40代になった私が今の私を見ても同じ事を思ってもったいないって言われそう

 

 

少し前、夕方ラジオでフジファブリックの「桜の季節」が流れて胸がギュッとした

 

動画でフジファブリックを知ってから他にどんな曲があるのか聴き漁ってしまった

 

ドラマ「モテキ」はリアルタイムで見てたけど、それがフジファブリックだって今になって知った

オープニングテーマがドラマにぴったりでその歌を歌ってる人が亡くなってるなんて思えなかった

 

だって「ドキドキ」とか「バクバク」って心臓の音で生きてるって感じがしてこれから何か始まりそうな予感がするだもん

 

見た目の顔の綺麗さにも惹かれた

志村さんは私より生まれは早いけど、今の私は当時の彼の年齢を超えている

画像を探しても若い綺麗なままなのでとてもずるい

そして何より歌詞に惹かれる

 

フジファブリックの音源は持ってないけどまず、志村正彦全詩集が欲しい

私は志村正彦に惹かれていて彼の残した物は今以上増える事はないのでゆっくり味わいたい

 

あの時ラジオで「桜の季節」を聴かなかったらこんな風に感じなかったと思う

 

何かを好きになるってタイミングが大切

 

桜の季節過ぎたらこちらは芝桜が綺麗です

 

 

 

 

マカロンよりケーキ(^-^人)

私はすごく疲れてたり、集中力のない時は車を運転中にいつも聞いてる音楽を止めて運転に集中する

 

大きな音が苦手で、大音量で音楽が流れている場所はとても疲れてしまうし

学生時代にラジオ聴きながらテスト勉強とかありえなかった

 

仕事でミスをした帰り道頭の中は反省会でぐるぐるして…音楽聴きながらだと運転危ないなって思ったからカーステレオ切ろうとしたら「ドンマイ」が流れてて

 

ボンバーさんは音数多いんだけど、「ドンマイ」のはじまりはアコギのみ

キリショーの歌声も優しくてそのまま聴き続けてたら鼻の奥がツーンとしてきて正直泣けた

 

私のやってしまったミスはポカミスで…でもわざわざ話を聞いてもらうほどの重要な仕事の重大なミスでもなくて…

それでも私には当たり前が出来ない、なんでこんなことをってつらいのです

 

でもこの歌を聴いていると

歌を聴いているんだけど、話を聴いてもらった後の様な気持ちになる

「僕も同じだよ」

 

私はキリショーが書く歌詞が好きなんだなぁ

 

今テレビ付けてたら、マツコデラックスが夜中徘徊する番組でキリショーがToshlさんのオールナイトニッポンに差し入れしてた美味しいケーキ屋さん出てきた

 

あまりにもケーキやお菓子が美味しそうでしかも可愛くて

ホワイトデーげんこつメンチもうれしいけど、可愛いケーキだったらもっと嬉しいななんてありえない妄想

 

大音量の音楽は苦手だけどテレビは大好き