読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常

たぶんファンクラブツアーへ行ってからだと思う

 

胸の中のモヤモヤが晴れない

キャンさんと握手してライブもやっぱり楽しかったから理由は別にある

 

会場へ向かうのに車で駅まで行ってから電車に乗って出かけたんだけど、車で移動中に忘れ物に気づいて家に引き返したので予定していた電車に乗り遅れた

余裕をもって予定を組んでいたけど、1本遅れると認証開始時間ギリギリになってしまう

1本遅れの電車に乗って、乗り換えアプリを見て脳内でシミュレーションしていた

やっぱり私は残念な奴だなって凹みつつ

 

そんな時にメールが来た、私がゴールデンボンバーを好きな事を知ってるあの人はその日私がファンクラブツアーへ参加するのを知っていてメールをくれたのだ

 

今回は1人で心細かった私は正直嬉しかった

心細さを共感して欲しくて電車に乗り遅れた事など今の気持を返信してしまった

そしたら今仕事で出かけてるからついでに乗せて行けたかもね〜だって、そんなことしちゃダメなのに

そんな言葉をかけてくれる事が嬉しかった

 

無事に会場へ着いて夢のひと時が過ぎ帰路へ

走って駅に向かってなんとか終電の1本前の電車にのれました

メールをくれたあの人に感想を送ると、終電の心配や乗り遅れたら出動するからねって

先にもらったメールにもへんな輩に絡まれないように心配してくれたり

ほんとうにそういうのが久しぶりでこそばゆい

 

お迎えにきてくれるとか、頼むなんて事考えもしなかった

 

こんな風に思われる事が日常の人(あの人の奥さん)は幸せだろうなぁって

別にあの人の奥さんになりたい訳ではない、そうされなれない私はあの人の奥さんと何が違って何か劣っているのだろうか

そんな事を考えてモヤモヤしてしまう

 

やっぱり私は足りないのか

 

今の私は衣食住があって、たまに好きなアーティストのライブへ行けて不幸ではない

ただ私は目には見えない幸福感に飢えている

 

きっとライブが楽しかったから祭りのあと

 

心に凪が来るのを待つ