読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もんげーおいしいー

フェスとかいかない(行けない)のでゴールデンボンバーがロッキンジャパンフェスティバル2016で8月13日グラスステージのトップバッターでオープニングにultra soulB’z)を歌ったのを知って単純に羨ましかった
オールナイトニッポンやってた時に「乙女たちのLOVE PHANTOM」ってコーナーがあったほどキリショーがB’z好きなのは知ってたけど、ロッキンジャパンのステージでどうしてもやりたくてultra soulの時に特効を持ち出しでやっちゃうとか
キリショーのブログで
出番前のゴールデンボンバーやる気十分ですねって言葉を添えて載ってる写真
キリショー稲葉さん楽器隊は松本さんコス
キリショーのネルシャツちゃんと稲葉さんモデルのやつじゃん!
たしか何年か前にキリショーとキャンさんでB’zのライブで京セラドームへ行ってたけど、その時物販に並んで買ってたやつ‼︎
下に履いてるデニムのショートパンツも「剃り残した夏」の中で海に行く時に履いてたやつ!物持ち良過ぎる
 
あー、キリョーの歌ってるultra soulB’z)が聴きたくて聴けないのでultra PHANTON(ゴールデンボンバー)を聴いた
 
イミテイション・ゴールド〜金爆の名曲二番搾り〜の中に収録されてます
カバーなんてもう聴きたくない。21世紀のニュージャンル、究極の“二番搾り”ミニアルバム!
2009年発売でDoramuが樽美酒の前の天さん時代
ultra PHANTONを初めて聴いた時「B’zってこんな曲出してたっけ?」って思わせるクオリティ
 
このミニアルバムの中には、
B’zさんぽい曲
サザンさんぽい曲
チャゲアスさんぽい曲
GACKTさんぽい曲
Aqua Timezさんぽい曲が入ってます
 
久しぶりにこのアルバム聴いたー
やっぱり好き
CDの盤面にメンバーのキメキメの写真がプリントされてるんだけど、キリショーがめちゃくちゃイケメン!
今のアイラインごりごりの可愛いメイクもいいけど、この頃は眉毛激ボソ目元も切れ長な印象痩せててフェイスラインがシャープ
キャンさんは金髪ロン毛ツンツンした感じで相変わらずのイケメン
 
このアルバムは歌詞の載っているブックレット付いてなくて名刺サイズのカードの表にオマージュ?しているアーティスト風の写真が載ってて裏面に歌詞が書いてあります
なんだかいろいろ酷いんだけど、曲を聴くと確かにそのアーティストが歌ってそうでネタとしても面白いんだけど繰り返し聴きたくなるぐらいいい曲(個人的感想)
 
 ultra PHANTON
曲調はまさにそれでギターソロのとか…
歌詞も代表曲を繋ぎ合わせたような感じなんだけど曲と一緒になると違和感無し
ラストの“ultra PHANTON”のところでタオルを投げたくなります
 
TSUNAMIのジョニー
まず歌声を聴いて欲しい!平尾昌晃のヘッドホン姿が目に浮かんでくるほどモノマネ⁈が上手い
首をある角度に曲げないとこの歌声にならないらしいけど、私の見たライブ映像ではCDほど似てないのでこれをレコーディングした時どうだったのか気になる
 
SAY NO
“NO”って笑
コーラスにチャゲさんがチラつきます
“NO”って笑っちゃったけど一曲聴き終わる頃には普通にいい曲
確かに“SAY NO”なんですよ
 
ANOTHER MELODY
歌い方はキリショーが歌ってみたの「君のためにできることGACKT)」のそれで
一応ビジュアル系の枠にあるゴールデンボンバーが好きなんだけど、ゴールデンボンバー以外あまり知らなくて…でもあの時代のアレを感じます
 
万の夜をこえて
僕らの音楽」でAqua Timezさんと共演してご本人さんのまえで歌ったとか…
その時はまだ私はゴールデンボンバーの事を知らなくてその番組も見れてないけどなんかすごいですよね
このブログを書くのに本家?「千の夜をこえて」を聴いてみたら違和感
万の夜を聴きすぎて、逆に本物が偽物に感じる←失礼
っていうか、本家さんが歌ったとしても違和感ないほどソレっぽい!
とりあえず万の夜の歌詞が好き
全部いいんだけど特に

ずっと変わらないものなんて この世には無いと思うけれど 僕にとってあなたはずっと 素敵な人だろう

って所が素敵
 “運命”や“永遠”って聞いてもいつもは「はぁっ?」って感じなんだけど、この曲に関しては
 
運命や永遠とか あるのかもしれないね〜♪
 
うん、ある!ある!って思えるから不思議
 
いつものキリショー節を思うとストレートなラブソングだからキリショーが歌ってると思うとキュンとくるのかも
ラストに
 
それは何処かで聴いたよな歌で でも素直な愛が綴られて 奏でられるラブソング
 
それな
 
 
事務所の意向でこんなコンセプトのアルバム作ることになって
それが単純な創作活動とは違って大変だったからその後出来た空き時間に自由に自分の作りたい音楽をって出来たのが「女々しくて」らしい
 
ゴールデンボンバーを好きになって、後からこのアルバムを知って、こんなの発売しちゃって大丈夫なの?って驚いた

でも一見するとだだのパクリのようだけど、歌詞や曲からアーティストを凄く研究しないと出来ないだろうし、嫌な感じじゃなくて「それ!それ!」って感じ
 
キリショーって凄いの一言に尽きます

 

 

今朝めざめしテレビ見てたら『岡山桃太郎ぶどう』が紹介されてた
見た目マスカットみたいな感じ、黄緑色で皮のまま食べられる私好き感じのやつだ!
 
食べたアナウンサーの感想

「もんげーおいしいー」
どうやら岡山の方言らしいんだけど普通に「おいしい」って言えばいいのにね