読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラッグストアーへ行った話

私は化粧水とベースメイクをソフィーナの「プリマヴィスタ」を使っている

近くののドラッグストアーで今月中にソフィーナシリーズの商品を買うとそのドラッグストアーのポイントがプラスで加算されるというキャンペーがやっていた

ちょうどファンデーションの下地がなくなりそうなのでこのキャンペーン中にと思いドラッグストアーへ

このプリマヴィスタの皮脂崩れ防止化粧下地はお手頃な価格で夏でも化粧仕立てのサラッとした感じが続くのでここ何年か愛用している
近くのドラッグストアーで購入できるのもいい

このドラッグストアーは一部の化粧品はガラスケースに入っていて、黒いエプロンを着た化粧品担当の女の人に頼んで出してもらう仕組

いつもいるカウンターに黒エプロンがいないので、そこに設置してある「御用の方は…」ボタンを押ししばし待つ

平日はばっちりメイクのおばさんなのに今日はゆで卵を剥いたようなツルッとした顔の若い女の人だった

私が目的を告げると、そそくさとガラスケースへ向かい商品を取り出す
そして「いまならソフィーナ商品を5000円以上お買い上げになりますとフレアフレグランスミストをプレゼントしてますよ!」と
「下地と一緒にファンデーションもどうですか?」

ファンデはまだあるし化粧水の詰替買えば…

「化粧水の詰替お願いします」
「どちらのタイプですか?」
「普通のやつ しっとりタイプかな」

「こちらの美白効果のある化粧乳液はいかがですか?」

「⁇」化粧水を頼んだのになぜ乳液すすめる?

「こちらは美白効果だけでなくSPF50なので朝は化粧水の後にこれだけでばっちりです」

なるほど化粧水だけでなくこれも一緒にどうぞってことね…
でも私が追加で買おうと思った化粧水よりも、むしろ目的の化粧下地よりも乳液の方が高い

とりあえず化粧下地と化粧水の詰替だけ頼んでカウンターに移動
カウンターにつくと黒エプロンはおもむろに霧吹きを取り出し、さっき勧めてきた乳液を自分の手の甲に半分塗り、もう半分に別の乳液を塗る

「ここに水をかけたらどうなると思います?」

「⁇」くっ、クイズなの?ってぜったいオススメの方が水を弾いて皮脂に強いって言いたいんだろうなぁ…当てちゃっていいのかなぁって考えてうちにもう霧吹きで水をかけ出した

予想通りの展開。

「凄いですよね〜、これの説明に来てくれた先生は自分の顔に水をかけて、それでもほんとうに化粧崩れしなくて凄いんですよ〜」
先生←って誰よ?

「私美白の入ってる化粧水で肌荒れしたことあるので…」と断ると
「美白といっても成分がいろいろあってどの成分がお客様に合わないのか調べてみないとわからないですけど…、どの商品でした?」

もう正直めんどい
「昔のことなんで忘れちゃいました」

「ではこの美白の化粧水と美容乳液のサンプル入れておくのでお試し下さい(*^^*)」

フレアフレグランスミスト欲しさに追加で頼んだらこんな事に…


それより黒エプロンはほんとうにゆで卵を剥いたようなツルッとした綺麗な肌(黒木華似)なのにアイプチでくっ付いた瞼の方が気になった


そういえば黒木華主演のドラマ「重版出来」に出演している坂口健太郎がかっこいい
“塩顔”ってやつ

男の人で流行ってるけど、女の人で私的に「つぶらな瞳に低い鼻が可愛い」とかぜったいにあると思う

でも塩顔男子も紙一重で“一重、色白、痩せ型”ってそれだけ聞くとムムってなる

だから私の可愛いと思う条件の女の人って蒼井優さんイメージしてたんだけど、それだけ聞いて似顔絵かいたらお雛様みたいなの出来そう_:(´ཀ`」 ∠):_

何が言いたいかと言うと、二重だから可愛いとか一重だから可愛くないとかでは無くて人それぞれに良さがあってそれぞれ絶妙なバランスで存在してて、自分の憧れるタイプと自分が一番良く見える事が違う場合があるので無理して違うタイプに押し込もうとすると逆効果になり得るって事

だから、先生とやらは顔に水かける前に一重や奥二重でも目が大きく見えるメイク法を教えてあげるべき